画像・写真

それがいつのことだったのか思い出せない。29






それがいつのことだったのか思い出せない。 29』

撮影機材:OLYMPUS CAMEDIA C-755 UZ
2005年9月頃 ?

 今年(2017年)の2月、長年愛用してきたソニーのデジカメ(Cyber-shot DSC-WX10)の電池の蓋(ふた)がとつぜん閉まらなくなってしまった。

 以前、ズームレバーの調子が悪くなったときにアタフタして予備機を買っていた(そのときの顛末(てんまつ)はコチラ)ので、使っていたSDカードを予備機のほうに入れようとしたら、なんと、こちらの蓋(ふた)まで閉まらない。

 ああ、これが世に言う『ソニータイマー』というやつかと感心しつつ、前回同様ソニーのサービスステーションに持っていくと、例によって修理代金として1万数千円かかると言われてしまう。
 たかが電池の蓋(ふた)で1万数千円かよと思わないでもなかったが、愛着もあり、メインで使っていた1台だけ修理をお願いすることにした。

 思えば、もうかれこれ6年も使ってきたことになる。これの前に使っていた富士フィルムのデジカメ(Finepix F10)も、6年間使用していまの機種に切り替えたみたいなので(そちらの経緯(けいい)はコチラ)、そろそろ現役を退(しりぞ)いてもらおうかと考え始めている。

 では、新しいデジカメを物色しようか思っていながらも、じつは、前回の修理のトラウマがあったため、ソニーのデジカメ(DSC-WX10)の予備機の予備機として、数年前に、こっそり買っていたカメラが我が家にあったりする。
 それは当時、ヤマダ電機の店頭で投げ売りされていたオリンパスのデジカメ(STYLUS XZ-10)で、1/2.3型のいわゆる『豆粒』の画像素子であるにも関わらず、撮像素子を1200万画素におさえ、35mm判換算で26-130mm、解放F値がF1.8-F2.7という高性能レンズをおごった、コンパクトデジカメとしてはおそろしくぜいたくな仕様のカメラである。

 こんなすごいスペックのカメラであるにもかかわらず、なかなか私はこのカメラを手にしようとしてこなかった。
 理由は、このカメラがあまりにも『マジメ』に作られているため、撮っている私の方がなんとなく気疲れしてしまうからである。

 まず、すべてオートで撮ろうとすると、さもあたりまえのようにストロボがポップアップしてきてゲンナリする。
 せっかく明るいレンズがついているので、夜や暗い場所をノーストロボで撮影しようとこちらは思っていても、カメラの方が画質が悪くなるのを嫌って、積極的に感度を上げようとしてくれない。
 そして、私がカメラ教本とかにありがちな「正しい構図」を完全に無視して撮影するあまり、カメラがどこにピントを合わせてよいかあきらかに迷い始め、ここぞというときにシャッターが切れないのだ。

 いまどき写真というと、スマホで撮影するのがあたりまえの時代になってきているので、私が使っているコンパクトデジカメの市場は縮小の一途(いっと)をたどってしまっている。
 ビンボーなので、高級コンパクトを買うのにはためらいがあるし、新しいカメラをどれにするか迷うところである。

 もちろん、私が改心して写真撮影を『マジメ』に取り組み、予備機の予備機だったオリンパスのデジカメ(XZ-10)を新しい相棒(メインカメラ)として使っていくことも、視野(しや)には入れているのだが(笑)。





 


OLYMPUS STYLUS XZ-10
なんとなく白ボディを買ってしまいました。



OLYMPUS CAMEDIA C-755 UZ
黒ボディだと、ずんぐりむっくり感が薄(うす)まって
精悍(せいかん)に見えます。



FUJI Finepix F10
夜のノーストロボの撮影でお世話になりました。


(追記)

 富士フィルムのデジカメ(Finepix F10)を使い出す前、魔が差してこっそり買ったデジカメもオリンパス(CAMEDIA C-755 UZ)で、やはりこちらのカメラも『マジメ』仕様のカメラだったため、ほとんど使うことがなかった。

 35mm判換算で38-380mm、解放F値がF2.8-F3.7と望遠デジカメとしては明るいレンズが使われていたのだけれど、標準の撮影感度がISO50(最大でISO400)と画質優先のセッティングで、ピントが迷いやすく、手振れ補正もついていなかったので、私のようなストリートスナップの撮影には残念ながら使えなかった。

 ただ、XZ-10もC-755 UZもカメラとしての『たたずまい(デザイン)』は気に入っている。
 単3電池が4本入ったC-755 UZのグリップの握り心地が好きで、いまでもたまに引っ張り出しては触(さわ)っていたりするくらいだ。

 たまには、C-755 UZを首にぶら下げて、のんびりと写真を撮りたいと思ったりするのだが、なかなかその機会に恵まれていない。




 28へ戻る  それがいつのことだったのか思い出せない。 29  30へ進む 



  


画像・写真TOPへ