画像・写真

それがいつのことだったのか思い出せない。31






それがいつのことだったのか思い出せない。 31』

撮影機材:OLYMPUS XA
フィルム:FUJIFILM ネオパン400PRESTO
1997年1月頃 ?

 今年(2017年)の7月のある日、幼馴染みと、小学校3・4年生のときに私たちと同じクラスだった女の子(いま(現在)はすてきな女性になられていました(ホメ殺し(笑))と、30数年ぶりに3人が当時暮らしていた団地や小学校を訪問しつつ、ささやかな同窓会を開いた。

 同級生だった彼女の下の名前は、『律子』という。
 そして、このときのクラスにはもう1人、『律子』とい名前の女の子がいた。

 さすがに30数年前の小学校なので、スクールカーストという呼び名はなかったけれども、それでもクラスの誰それくん、誰それちゃんと仲良くなって、どのグループに属するかといった、ギスギスした人間関係のやりとりといったものは、幼いながらにもおこなわれていた。
 いつまでも幼稚で、頭の悪い男子たちはともかく(私など、もう50歳が目前という年齢なのに、精神年齢はこのころといっしょです(笑))、当時からませていた女子たちは、見えないところでこうした人間関係にバチバチと火花を散らしていたように思う。

 それとは別に、クラス内のどのグループにも属さず、誰とも群れることなく日々を過ごしていた女子が2人だけ存在していた。
それが、同じ名を持った2人の『律子』さんだった。

 「名は体を表す」とはよく言ったもので、この2人の『律子』さんは、1人は『自律』、もう1人は『戒律』にしたがって行動していた。

 『自律』の『律子』さんは、ショートカットでとても活発な女の子で、男子、女子にかかわらず、誰に対しても平等かつ、対等に接していた。
 一方、『戒律』の『律子さん』は、ていねいに三つ編みしたおさげ髪が印象的な、か細い声の女の子で、自分から進んでクラスメートに接することはなく、とくに男子とはまったく会話することがなかった。

 自らの規範でつねに積極的に行動していく『律子』さんと、女性はしとやかにときびしくしつけられてきたかのような『律子さん』、まったく正反対の2人だったが、クラス内のギスギスした人間関係とは別次元のところにいたことはたしかで、当時の私はとてもうらやましく思っていた。

 30数年ぶりに再開した『律子』さんは、『自律』の『律子』さんだった。
 現在は、ショートカットではなく、髪を肩まで伸ばし、意志の強そうな瞳はそのままにより知性が感じられる美しい大人の女性に変貌(へんぼう)していた(ふたたびホメ殺し(笑))。

 もう1人の『戒律』の『律子』さんは、いま(現在)どこで、どんな生活を送っているのだろう。

 すてきな淑女(しゅくじょ)になってくれていたら、と心の隅(すみ)で思っている。





 


現在(2017年)の団地。
『律子』さん・撮影。



現在(2017年)の小学校。
こちらも『律子』さん・撮影。
私よりも写真が上手です(くやしい!(笑))。



3人の記念撮影。
幼馴染みのiPhoneで撮影。
私のコンデジよりもはるかに性能が良い?


(追記)

 『戒律』の『律子』さんは、日本人離れしたアラブ系の顔立ちをしていた印象があり、もしかすると親のしつけではなく、ほんとうに宗教上の理由で男子と接してはいけなかったのかなぁ、などといま(現在)にしてみると思う。

 団地(足立区の花畑団地)の西側部分は完全に取り壊され、更地(さらち)になっていた。ここに大学(文教大学)のキャンパスが建設される予定である。
 そして小学校を訪れると、校庭で少年野球の練習がおこなわれていて、子どもたちが元気に走り回っていた。

 90年代終わりから2000年代にかけて、入居者の高齢化ですっかりさびれてしまったていたこの団地周辺も、あと数年したら、私たちが小学生時代を過ごしたときのような、若い人たちがたくさん集う、活気のある町になっているかもしれない。




 30へ戻る  それがいつのことだったのか思い出せない。 31  32へ進む 



  


画像・写真TOPへ