コラム

10年代のガーリーフォト


 今年(2016年)の4月から、職場(図書館)のアルバイトとしていっしょに働くことになった、造形作家のふじくらみほさんのグループ展『I LOVE KOMONO 展』(マミカ 陶のギャラリーとカフェ・2016.6/4~6/19)を訪れたとき、残間奈津子さんという方の写真作品(ポストカードや冊子(ZINE))がとても印象に残った。

 やがてこの展覧会を見たことがきっかけで、9月からここのホームページ(JRP荒川流域支部)では、ふじくらみほさんとのはがきによる往復書簡を始めることとなる。
 ふじくらさんは造形作品やイラストではなく、写真によるはがきを送ってくるようになった。

 ふじくらさんとのやりとりをしている前後、小・中学校時代の友人が経営するカタチカフェのブログの写真に興味を惹(ひ)かれるようになった。
 ブログの写真を撮影しているのは、石神井公園を中心とした石神井・井草・井荻・大泉エリアのイイトコ、イイコト、イイモノを紹介するフリーペーパー『井』の表紙のイラストを描いている小関セキさんという、昨年、友人のマスターと結婚をした方らしいことを知る。

 そして10月下旬、カタチカフェの店内で開催していた伊藤央子(いとうようこ)さんの写真展『いろんなカタチ』(カタチカフェ・2016.8/25~10/下旬)に足を運んだ。

 残間奈津子さん、ふじくらみほさん、小関セキさん、伊藤央子さんの写真に共通しているのは、自分自身がふと目に映ったものに対してのみシャッターが押されていること、人物が映っている写真がないこと、撮影する4人がみな女性であることである。

 女性による写真ということで、どうしても1990年代後半にブームが起こった『ガーリーフォト』となにか関連があるのではないかと、自宅にあった長島有里枝の『Empty White Room』(リトルモア・1995年)とHIROMIXの『Girls Blue』(ロッキング・オン・1996年)を引っ張り出してきた。
(セクハラオヤジでスミマセン(笑))

 この2冊をあらためて見返してみると、ガーリーフォトの象徴(しょうちょう)であったセルフポートレートよりも、彼女たちをとりまく友人や知人を撮影した写真にむしろ比重が置かれていることに気づかされた。
 この時代には、彼女たちを受け入れてくれるコミュニティがまだかろうじて存在していたことが写真から伝わってくる。

 セルフポートレート(セルフヌード)そのものは、自分自身の存在を知らしめたいという、彼女たちの承認欲求を満たすための手段であったことは事実だ。
(メディア、評論家がこれに乗じてブームが生まれた?)
 しかし、私をとりまく人たちが私自身をどう見つめているのか、私自身は誰から見つめられている存在なのかを知ることこそが、彼女たちが写真を撮り続けるいちばんの動機だったのだろう。

 その後、プリクラや携帯電話でのカメラ撮影へと、撮影機材が変化していくことで写真に映し出される友人、知人の人数が減っていき、コミュニティもせまく、こまかく分断されていく。
 やがて、時代はガーリーから、スマートフォンによるセルフィー(自撮り)の時代に突入する。

 SNSの「いいね」の数で、承認欲求はわずかながら満たされるかもしれない。
 ただ、コミュニティからハブられないよう細心の注意を払い、キャラ化して映し出された写真には、もはや私という自分自身の本来の人格(パーソナリティ)というものはなく、その存在が誰に見られようがもうどうでもいいことのように、いま(現在)を生きる彼女たちは感じているようにさえ思える。

 それだからなのだろうか。
 私が気になって見てきた4人の女性の写真には、セルフポートレートはおろか、友人や知人の写真も存在しない。
 彼女たちは、私自身が誰から見つめられているかよりも、むしろ、私自身がいま(現在)なにを見つめているのかを確かめるために写真を撮り続けているような気がする。

 では、彼女たちが見つめた写真の先になにが映し出されているのか。
 私自身は、彼女たちの『心象風景』なのではないかと考えている。

 彼女たちのような写真は、まだ拡散しやすい(ブームも一瞬で終わりかねない)SNS上では流れていないし、メディアや評論家の目にも留まっていない。
 だが、新しい女性写真の潮流にならないとも限らない話ではない。


◆◆◆◆◆

ふじくらみほさんのはがきの紹介

ふじくらみほ・往復写真


カタチカフェについてのコラム

「関係項」から見えてくるもの (2007年8月)


カタチカフェのブログへ

カタチカフェ(上石神井の店舗)は
2017年1月15日で閉店しました。
群馬県藤岡市に移転予定です。


cafe+art カタチカフェ




 



カタチカフェ
店内での
伊藤央子(いとうようこ)さん
の写真。
対人恐怖症のくせに
人物写真(ストリートスナップ)
専門の私には
撮れない
写真です。
とても
うらやましいです。








コラムTOPへ